テレビCMも多く放送され、かなりメジャーになってきたと言える格安SIMですが、みなさんは既に利用していますか?

「ドコモ」、「au」、「ソフトバンク」の大手3キャリアよりも安いことはなんとなく分かるけど、あまりに多すぎてどこの会社にするか悩みますよね。

LINEやYoutubeなどのデータ通信量をメインで選ぶ方が多いと思いますが、やっぱり電話が重要という方もまだまだ多いはず。

特に仕事で私物スマホを使うビジネスマンは通話料が高いと死活問題!

そこで通話メインの方におすすめしたい、電話かけ放題の格安SIMをご紹介します。

■かけ放題プランとは?

指定のプラン・オプションをつけると国内通話がいくらかけても無料になるサービスです。

■格安SIMのかけ放題プランは?3大キャリアとの違いは?

格安SIMのかけ放題プランは、指定のオプションをつけると「一定時間内の通話が無料になる」サービスが基本となっています。

たとえば「5分以内の通話がかけ放題(5分以降は20円/30秒)」というプランで8分通話をすると5分までは無料ですが、超過した3分(30秒×6)には20円×6=120円分の料金が発生します。

一方で「ドコモ」、「au」、「ソフトバンク」の3大キャリアには通話時間無制限のかけ放題サービスが用意されていますから、通話時間が5分でも60分でも定額なのが特徴です。

■格安SIMで無制限かけ放題のプランは無いの?

では長時間電話をかける方が格安SIMを使いたいときはどうしたらいいのでしょうか?

実は格安SIMでも無制限かけ放題を提供しているところがあります。

それが「イオンモバイル」と「Y!Mobile」です。

■「イオンモバイル」なら1,500円で無制限かけ放題!

イオンモバイルには「050かけ放題」というプランが用意されています。

最低月額料金は「データ1GBプラン」480円+「050かけ放題」1,500円=1,980円で、何度でも電話がかけ放題になるため長時間電話したい人におすすめです。

ただイオンモバイルのかけ放題はインターネット回線を利用したIP電話のため、電話番号が「050」で始まること、電話回線に比べると通話品質が劣ること、また300分を超える通話は一度切断されてしまうことがデメリットです。

■通話品質の高い電話回線を使ったかけ放題は「Y!Mobile」のみ!

もうひとつ、格安SIMで無制限かけ放題を提供する「Y!Mobile」の「スーパー誰とでもだれとでも定額」はIP電話ではなく「ソフトバンク」の電話回線を使用しています。

そのため通話品質が高く、3大キャリアと同じ感覚で使えるのが特徴です。

これは「Y!Mobile」が「ソフトバンク」の中のブランドであるからできることですね。

月額料金は「イオンモバイル」に比べるとやや高めですが、取引先とのきちんと会話したいビジネスマンにおすすめしたいブランドです!